キッズモデルオーディションで未来のスター|芸能人になれるチャンス

最新記事一覧

誠意を伝えることも大事

レッドカーペット

押さえておきたいポイント

タレントオーディションには履歴書や写真を送って、書類審査を受けることになります。それに合格できれば、いよいよ二次審査になるのですが、大まかな流れだけでも頭に入れておくと戸惑わなくてすみます。まず、タレントオーディション会場に行くと、受付をすませなければいけません。その際には名前をはっきりと伝えるようにします。大勢の参加者がいると会場は騒がしく、聞き間違いなどによって、到着していないことにされてしまうケースもあるからです。その後、控え室があるなら案内してもらい、面接に備えて準備を行います。ただし、タレントオーディションの規模によっては、受付をすませるとすぐに面接が始まることもあるため、手間をかけずに着替えられるような服装にしておくのが無難です。審査の順番が回ってくれば入室をしますが、この時も自分の名前や簡単な自己紹介をします。タレントオーディションに送った履歴書と同じ内容を話すことになっても、より詳しく語れるのが理想的です。しかし、単に言葉を並べ立てるだけでは、どこでも同じ話をしているなと勘ぐられる場合もゼロでありません。熱っぽく、そして自分の言葉で喋れるようにしておくと良いです。タレントオーディションでは特技を披露する場合も多いですが、決して高いレベルに達した芸を見せる必要はないです。むしろ主催者側には、荒削りでも必死にやっている姿が見たいという審査員も少なくないので、そのことを頭に入れて挑みましょう。

Copyright© 2018 キッズモデルオーディションで未来のスター|芸能人になれるチャンス All Rights Reserved.